アーカイブ | 7月 2016

  • 男性に頼らない避妊薬のピルは内科でも処方される

    最近は、男性だけに頼るのではなく、女性が自分の身を守るための避妊法としてピルを服用するようになっています。ピルというのは、経口避妊薬であって多くの人に浸透しつつある避妊法なのです。女性ホルモンを含む錠剤を毎日飲むことによって、ホルモンバランスを整えて、生理周期を安定させる働きがあります。ですから、生理不順や生理痛、排卵痛の緩和などにも効果がある薬なのです。 その避妊効果はとても高く、正しく服用することでほぼ100%に近い成功率を誇るものでもあるのです。コンドームを男性が拒んだり、望まない性交渉を強いられたりしたときでも安心していることができるものです。 ピルを入手するには、通常医療機関を受診することになります。医療機関というと、産婦人科などが一般的ですが、それ以外にも稀に内科などでも診察をして処方してもらうことができる場合もあるのです。内科での扱いは少ないものの、事前に調べてから行くことで、スムーズに薬を出してもらうことができたりすることもあるのです。 ほかにも入手方法があるものです。それは海外からの個人輸入という方法です。医療機関を受診して処方してもらうと費用もかかるものですが、一方で海外からの個人輸入ではかなりリーズナブルに済ませることができるので、薬に慣れてきたら、個人輸入で入手するという方法にしてもいいでしょう。 また、性交渉のあとに妊娠の可能性がある場合には、事後72時間以内に服用することで受精卵を子宮内に着床させない中用量のピルというものもあるので、そういった知識を持っているといざというときに役に立つことでしょう。 毎日の生活で、自分自身を大切にしていけるように、ピルの服用というのも検討してみるのもいいでしょう。